原発立地にも説明責任 関電トップ交代、旧来対応限界

環境エネ・素材
関西
2019/10/9 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力役員らの金品受領問題で、八木誠会長と岩根茂樹社長が辞任に追い込まれた。東日本大震災以降、電力業界の盟主として原子力発電所を推進してきた関電のトップ交代は、原発の安全性にくわえ原発立地との関係についても説明責任が求められる現実を改めて突きつける。

「お客様や社会の皆様の信頼、気持ちを裏切り、改めて深くおわび申し上げる」。9日、大阪市内で記者会見した八木会長はこう謝罪した。岩根社長は「調査と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]