ノーベル賞・吉野彰さん「基礎と応用、両輪が重要」

ノーベル賞
環境エネ・素材
科学&新技術
2019/10/9 22:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年のノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成の吉野彰名誉フェローが9日夜、日本経済新聞のインタビューに応じた。日本の科学技術力、イノベーション力の底上げのためには、基礎と応用の両輪をバランスよく進めていく必要性を強調した。

――日本の科学技術力、イノベーション力が落ちているといわれて久しいですが、どうすべきですか。

「日本の大学の研究は曲がり角にきている。企業の研究も以前とは違うようになって…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]