日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月20日 145.114 -0.583

[PR]

商品ニュース

東京の原油反落 米中協議の難航懸念

2019/10/9 20:41
保存
共有
印刷
その他

東京商品取引所の原油先物価格が反落した。9日の清算値(期先)は1キロリットル3万5880円と、前日に比べ430円(1.2%)安い。今週後半の米中貿易協議が難航するとの懸念が強まり、世界経済の減速で原油需要が鈍るとの観測が広がった。

米商務省が監視技術に関して中国の団体・企業に禁輸措置を課すと発表。「貿易協議の直前の発表で、協議の行方に対する不透明感が強まった」(楽天証券の吉田哲コモディティアナリスト)。株式相場が下落し、同じリスク資産とされる原油先物にも売り圧力となった。

米国の石油在庫も増加し需給の緩みが改めて意識された。原油相場は先週にかけて、最近の米国の景気指標悪化を背景に下げ基調が継続。今週に入りイラクのデモ激化など中東情勢の不安を受けて上昇する場面もあったが、再び上値の重い展開となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム