関電の金品受領、第三者委に法曹重鎮 週内にも初会合

2019/10/9 20:31 (2019/10/9 21:59更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月に死去)から多額の金品を受領した問題で、関西電力は9日、第三者委員会を設置した。元検事総長の但木敬一氏(76)ら外部の弁護士4人の構成で、中立性や独立性をアピールする狙いもあるとみられる。新たな疑惑が次々と明らかになる中、長年にわたる異常な関係の実態を解明できるか。調査対象をどこまで広げるかなど、第三者委の判断が注目される。

第三者委は但木氏のほか、元日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]