静岡県内の新車登録、9月13%増 増税前の駆け込み

2019/10/9 19:57
保存
共有
印刷
その他

日本自動車販売協会連合会静岡県支部がまとめた9月の県内の新車登録台数(軽自動車を除く)は前年同月比13.0%増の1万692台で、3カ月連続で前年実績を上回った。10月の消費増税を目前に「駆け込み購入の動きが見られた」(同支部)という。

伸び率は2018年10月(15.3%)以来の高水準。内訳をみると、乗用車は9314台と10.9%増加。貨物車(1211台)も36.5%伸びた。特種・特殊車は10台減の133台、バスは前年並みの34台だった。同支部は10月以降について「消費意欲の減退による買い控えが懸念される」としている。

一方、静岡県軽自動車協会がまとめた9月の軽自動車販売台数(速報)は13.4%増の8370台だった。7月に全面改良したダイハツ工業「タント」やスズキ「スペーシア」などの売れ行きが好調だった。

メーカー別では、シェア首位のスズキが4.0%増の2704台、2位のダイハツが37.1%増の2498台、3位のホンダが0.2%減の1809台だった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]