コロプラ・九工大、訪日客のレンタカー分析 事故など防止

大学
ネット・IT
九州・沖縄
2019/10/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州工業大学とゲーム大手のコロプラはインバウンド(訪日外国人)の利用が急増しているレンタカーの安全サービスについて研究開発する。レンタカーに独自端末を搭載し、走行データや位置情報を収集。レンタカー会社は事故につながりかねない異常運転や迷惑駐車を検知すると、運転手に素早く注意する。2020年度に福岡市と福岡県太宰府市で実験を始め、沖縄県や京都府などの観光地でも研究に協力する計画だ。

九工大とコロプ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]