スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

圧巻バイルス、米国女子が団体5連覇 世界体操

Tokyo2020
2019/10/9 19:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】体操の世界選手権で米国女子が史上2チーム目となる団体総合5連覇を達成した。2位のロシアに6点近い大差をつける圧勝に、エースのシモーン・バイルスは「最高の1日。伝説になるためにここにきた。チームとして輝けたことが一番うれしい」。満面の笑みでチームメートと歓喜の抱擁を繰り返した。

一昨年の個人総合女王モーガン・ハード不在のメンバー構成でも、米国の強さはむしろ増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
カナダ戦の第1セット、スパイクを決める西田=共同共同

 バレーボール男子のワールドカップ(W杯)は15日に閉幕し、世界ランキング11位の日本は最終戦で同6位のカナダに3―2で勝って大会初の8勝(3敗)を挙げ、28年ぶりの4位で終えた。来年の東京五輪にも光 …続き (10/16)

日本は個々の成長は示せたが、ライバルの進化の速さはそれ以上だった(9日、シュツットガルト)=共同共同

 【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合、種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅メダル2個という結果に終わった。2年連続で金メダルに届かず …続き (10/15)

男子種目別決勝 平行棒で着地を決め、ガッツポーズする萱和磨(シュツットガルト)=共同共同

 「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。

 一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進ん …続き (10/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]