ノーベル賞のリチウムイオン電池 日本、部材に残る強み

2019/10/9 19:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旭化成の吉野彰名誉フェローのノーベル化学賞受賞が決まった。吉野氏が開発したリチウムイオン電池はスマートフォンや電気自動車(EV)を生み、産業界に計り知れない変革をもたらした。世界市場は2022年に7兆円を超えるとの予測もある。関連部材も含めて日本メーカーが強みを発揮してきた分野だ。一方、ここ数年は中韓勢の急速な台頭もあり、競争が激しくなっている。

吉野氏は正極材、負極材、電解液、セパレーター(絶…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]