玉木氏、菅元首相を批判 参院経産委理事人事巡る発言で

2019/10/9 19:30
保存
共有
印刷
その他

国民民主党の玉木雄一郎代表は9日の記者会見で、国民民主の議員が参院経済産業委員会の野党筆頭理事になった人事を巡り、立憲民主党の菅直人元首相が撤回を求めたことを批判した。両党を含む共同会派の結成に触れ「違いを乗り越えながら大きな塊になろうと会派を組んだ。マイナスになることは慎んでほしい」と述べた。

菅氏は8日、自身のツイッターで参院経産委の筆頭理事に関西電力労組出身で国民民主の浜野喜史氏が就いたことを批判した。「浜野氏は関電問題を鋭く追及できるのか。国民の期待を裏切る人事は撤回すべきだ」と主張した。

これを受け、国民民主の9日の参院議員総会では出席者から「許されない」などと批判の声があがった。国民民主の平野博文幹事長は立民側に抗議した。両党は衆参両院で共同会派を組んだが、参院では委員会ポストを巡る対立が続いている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]