水戸の「納豆大使」に赤木さん 商議所が初任命

2019/10/9 19:16
保存
共有
印刷
その他

水戸の納豆消費を喚起しようと、水戸商工会議所は「納豆アンバサダー(大使)」を任命した。第1号は福岡市の納豆料理専門店「博多フードパーク納豆家粘ランド」の赤木陽介代表。自ら全国3千種類の納豆を食べ、店舗で水戸産を使っているという。水戸商議所は同氏とコラボレーションした納豆のPRやイベント開催を進める。

同時に納豆を入れた料理を競うコンテストを開き、チャーハンとパスタの両部門で優秀作を表彰した。1~7月累計の一世帯あたり納豆消費額で水戸市は福島市に次ぐ全国2位となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]