北関東3県の企業倒産、9月は6件減

2019/10/9 19:11
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチがまとめた北関東3県の9月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は、前年同月比6件減の19件となった。茨城と栃木で1件増加してそれぞれ10件と6件、群馬が8件減の3件となった。負債総額は同29.2%減の21億4400万円だった。

倒産件数を産業別にみるとサービス業他が6件で最も多く、製造業が3件で続いた。負債10億円以上の大型倒産は茨城で1件発生し、湖南通運(阿見町)が負債10億円で倒産した。

2019年度上半期(4~9月)の企業倒産件数は前年同期比5件減の155件。茨城で19件増の66件となる一方、栃木で8件減の46件、群馬で16件減の43件となった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]