/

この記事は会員限定です

ノーベル賞のリチウムイオン電池、実用化に関西の力

[有料会員限定]

ノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェローらが開発したリチウムイオン電池は、関西が強みを持つ工業製品の一つだ。パナソニックジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)などの電池メーカーをはじめ、装置・素材メーカーの事業所も集積。各社が連携して技術を磨いてきた。

関西における電池開発の歴史は長い。1895年、島津製作所の電池部門が独立した日本電池(現GSユアサ)の島津源蔵が日本で初めて鉛蓄電池を開発。1931年には、松下電器製作所(現パナソニック)が他社から工場を譲り受け、乾電池の生産を大阪で始めた。

その関西の電池サプライチェーン(供給網)を支える製造装置メーカーの一社が、実は吉野氏の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ノーベル賞

2021年のノーベル賞発表は10月4日の生理学・医学賞からスタート。5日に物理学賞、6日に化学賞、7日に文学賞、8日に平和賞、11日に経済学賞と続きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン