九電がEVキッチンカー「オールデンカー」

環境エネ・素材
九州・沖縄
2019/10/9 19:02
保存
共有
印刷
その他

九州電力は9日、IH調理ができる「オールデンカー」の電気自動車(EV)を新たに導入すると発表した。イベントなどに出展してオール電化をアピールする。

ピンク色が特徴の「オールデンカー」はイベントでIH調理をアピールする(9日、福岡市)

名称は「オールデンカーEV」。日産自動車のEV「e-NV200」にIH調理のための装備を搭載した。イベント開催地に到着後、内蔵する蓄電池から外部給電機を通じてIHクッキングヒーターに電気を供給する。まず福岡県内のイベントに参加し、今後九州全域への派遣も検討する。

オールデンカーは2017年に1号車を導入し、現在はガソリン車5台を保有する。EVの投入で、主婦らにオール電化の採用を働き掛けていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]