弘前大学と新深浦町漁協、漁港内IoT養殖システム開発

北海道・東北
2019/10/9 18:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

弘前大学地域戦略研究所は新深浦町漁業協同組合(青森県深浦町)と、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用し、漁港内に設置した生け簀(いけす)で養殖を効率的にできるシステムを構築した。毎日手作業でしていた餌やりを自動で給餌できるほか、生け簀内の水温や海中酸素量などをスマートフォンで監視できる。現場に行かなくてすむため大幅な省力化を可能にした。

弘前大地域研では桐原慎二教授と久保田健准教が中心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]