燃えにくい発泡スチロール 愛媛の潮冷熱、天井材など

自動車・機械
環境エネ・素材
中国・四国
2019/10/9 18:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

船舶用空調などを生産する潮冷熱(愛媛県今治市)は燃えにくい発泡スチロールの製造・販売事業を本格化する。材料の粒を特殊な樹脂でコーティングし難燃性を高め、軽くて加工しやすい素材として、天井の建築部材などの需要を見込む。将来は船舶や自動車など幅広い分野で活用できることを売り込み、2023年3月期に同事業の売上高20億円を目指す。

燃えにくい発泡スチロール「カルック」について、大阪の素材開発会社から特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]