オフィス活況いつまで? 東京都心、「シェア」に光と影

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
住建・不動産
2019/10/10 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京のオフィス需要が活況だ。空室率は1990年代前半のバブル期以来の低水準で、賃料も上昇している。けん引役の1つがシェアオフィスなどのサテライトオフィスで、IT企業だけでなく働き方改革を進める大手企業の利用も増えている。活況はいつまで続くのか。景気探検隊が現場を歩くと懸念材料も見えてきた。

「通勤時間を15分減らせる。これだけで気持ちに余裕が生まれる」。NTTドコモの第一法人営業部で働く米島和奈…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]