「嫌香港」でしぼむ交流 中国本土からの旅客4割減

中国・台湾
アジアBiz
2019/10/9 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港で長引く抗議活動が中国本土からの人の往来に打撃を与えている。本土から香港を訪れる旅客数は8月に前年同月比4割落ち込み、ここ十数年で最大の下げ幅になった。過激化するデモへの警戒に加え、香港そのものを敬遠する風潮も本土側で広がっている。中国政府は交通インフラを整備して香港と本土の一体開発を進める計画だが、実現に黄信号がともっている。

「香港まで乗る人はあまりいません。乗客のほとんどが(香港の手前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]