バイオ関連でアジア最大級の展示会 横浜で開幕

ヘルスケア
南関東・静岡
2019/10/9 19:30
保存
共有
印刷
その他

医療・バイオ分野でアジア最大級の展示会「バイオジャパン2019」が9日、パシフィコ横浜(横浜市)で開幕した。横浜市はパビリオンを設けて企業・研究団体の取り組みを披露した。神奈川県は「ME-BYO Japan」と称する展示会を同時開催し、同県が進める健康施策「未病改善」につながる最新技術などをアピールした。

国内外の企業や研究機関が事業を紹介する(9日、横浜市)

横浜市などが設けた「横浜・川崎パビリオン」では、企業や研究機関28社・団体が出展。同市は10日に米国の起業家支援組織の支援を受けたスタートアップなどによる事業を紹介する。県主催の展示会では、行政の企業支援策をPRするほか、企業のメンタルヘルス対応に関するセミナーなどを実施する。

バイオジャパンの開催は21回目で、横浜市での開催は14回目となる。11日まで開催し、過去最大規模となる約34カ国・地域の1200社・団体が参加するという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]