金沢のレンタサイクル、英語で自動観光案内

2019/10/9 17:37
保存
共有
印刷
その他

ハンドルに備え付けられた英語による自動案内の装置

ハンドルに備え付けられた英語による自動案内の装置

金沢工業大学と国際高等専門学校の学生グループは12日から、外国人観光客を対象にレンタサイクル「まちのり」を使った観光スタンプラリー企画を実施する。全地球測位システム(GPS)を活用し、観光スポットに入ると自動で英語の観光案内をする装置を自転車に搭載する。

スタンプラリーは12~27日の土日と祝日に1日2回(27日は1日1回)、4時間ずつ実施する。金沢城や兼六園など15カ所のチェックポイントのうち、4カ所でスタンプを集めると景品がもらえる。

まちのりは、運営事務所のほか、市内21カ所で自転車のレンタルと返却ができるサービス。同グループが2018年度に利用した観光客を調査したところ、利用者の95%が日本人だと判明した。同グループは「外国人にも自転車で観光地を巡るという新しいスタイルを体験してほしい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]