/

この記事は会員限定です

農場の主治医はロボット、匠の技超え異変を察知

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

松山市にある愛媛大学の実験農場では、トマトの木が青く輝く。人の背丈を超える高さの分厚い板状のロボットが、トマトの木に発光ダイオード(LED)の青い光を当てながら、滑るように移動していく。

ロボットの背中には「植物生育診断装置」の文字。「今日は調子どうだい?」「あまりよくないな」。植物とロボットは黙して語らないが、測定している内容をあえて言葉にすればこんなやり取りになるだろうか。

愛媛大発のベンチャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン