/

この記事は会員限定です

6年間に2度の倒産 生花業界の「風雲児」散る

平成倒産史(第6回)

[有料会員限定]
日経トップリーダー

2009年末、時限立法の中小企業金融円滑化法が施行されました。企業からの要望があれば、返済猶予(リスケジュール)などの条件緩和に努めることを金融機関に課すもので、これにより倒産件数は劇的に減っていきます。

延長を繰り返した末に、13年3月末で同法は期限を迎えますが、その後も倒産件数は減少を続けました。政府が「金融円滑法の終了後も、その精神は残る」とリスケに応じることを金融機関に求めたからです。「同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3901文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン