/

沖縄銀、県内全店で証券サービス紹介

沖縄銀行は証券子会社のおきぎん証券(那覇市)との連携に向け、営業体制を強化したと発表した。これまで銀行の一部店舗にとどまっていた証券サービスの紹介業務を県内全60店に拡大した。店舗で紹介業務を担う証券営業員を増強し、全店展開が可能となった。

おきぎん証券の全営業員のおよそ半数に当たる約25人を紹介業務の専任者として任命した。同証券は人員確保のため、9月に沖縄市のコザ支店を閉鎖。10月11日には浦添市の浦添支店も閉鎖し、本店営業部に経営資源を集約する。

沖縄銀は2017年3月に県内惟一の地場証券であるおきなわ証券を買収した。その後社名をおきぎん証券に変更し、総合金融サービスグループとしての体制を整えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン