/

第一生命研・新家氏ら上位 2018年度の経済予測精度

日本経済研究センターは9日、民間エコノミスト約40人の経済見通しを毎月まとめる「ESPフォーキャスト調査」で、2018年度に予測精度の高かった上位5機関6人を「優秀フォーキャスター」に選んだ。第一生命経済研究所の新家義貴氏が11年連続で選出された。ほかに道銀地域総合研究所の加茂健志朗氏と坂野公紀氏、東レ経営研究所の増田貴司氏、ブルームバーグ・エル・ピーの増島雄樹氏、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎氏が選ばれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン