教師も問われる国語教育改革 岡崎匠吾氏
海城中学高等学校国語科教諭

私見卓見
2019/10/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新学習指導要領の公示に伴い、高校では2022年度から新たな教育課程に切り替わる。とりわけ国語は従来の科目の枠組み自体が変わる大改編となる。また21年実施の「大学入学共通テスト」では記述式が導入される。国語教育が大転換期を迎え、現場には不安が広がっている。言葉は人間の思考や行動の基盤となる。国語教育のあり方に国民的な関心と議論が起こることを願う。

新課程では、社会生活に必要な論理的文章のほか、広報…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]