山口との「関係人口」を拡大 山口FGが県と提携

2019/10/9 15:28
保存
共有
印刷
その他

山口県は9日、山口フィナンシャルグループ及び子会社の人材紹介会社YMキャリアの2社と、継続的に地域に関わりを持つ関係人口の創出・拡大に向けた連携協定を結んだ。大都市圏から副業・兼業など多様な形で県内への人材還流を活発化させ、地域の活性化につなげる狙い。

協定締結後、村岡嗣政知事は「人材不足に対応するため、県への移住・転職促進策も進めるが、ハードルが高い。副業・兼業など多様な形で人材を引き込んでいきたい」と述べた。

またYMキャリアの仲介により、スキルシフト(東京・港)の鈴木秀逸執行役員が同日、山口県の施策に助言する「関係人口アドバイザー」に就任した。スキルシフトは大都市圏の人材と地方企業を結ぶ副業プラットフォームを運営している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]