最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,472.92 +265.71
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,490 +290

[PR]

業績ニュース

米ファンド、ユニゾに質問状 「利益相反に重大な懸念」

金融最前線
金融機関
住建・不動産
2019/10/9 15:30
保存
共有
印刷
その他

米投資会社エリオット・マネジメントは9日、発行済み株式の1割超を保有するユニゾホールディングスの取締役会に質問状を送ったと発表した。米ファンドによるユニゾへの買収提案に関し、ユニゾの情報開示に対する懸念があるとし、提案を受けた際の事実関係や賛否を判断した理由を説明するように求めている。

エリオットは9月24日時点でユニゾ株を約13%保有。ユニゾは8月、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)から事前の同意なくTOB(株式公開買い付け)を受け、対抗策として米投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループと組み、フォートレスがTOBを実施中だ。

ユニゾは当初、フォートレスのTOBに賛同していたが、9月末にユニゾはフォートレスが「当社を実質的に解体することを視野に入れている可能性を否定しなかった」とし、TOBへの賛同意見を撤回し「留保」に変更している。

エリオットはこれまでのユニゾの情報開示に関して「内容の欠落及び利益相反のおそれについて重大な懸念を抱いている」としている。ユニゾがフォートレスに対して買収契約の当事者として加えるよう求めている「従業員持ち株管理会社」に関する詳細な開示なども求めた。

ユニゾがフォートレスの買収後に保有する米不動産を売却し、「ユニゾ従業員等出資の会社」が買収者から持ち分を買い戻すとしている計画についてこれまで開示がなかった理由の説明も求めている。

エリオットは回答期限は指定していないが「早急な回答を待つ」としている。

ユニゾ株の9日終値は4560円と、フォートレスのTOB価格(4000円)を上回っており、このままではTOBは不成立となる公算が大きい。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム