/

この記事は会員限定です

視聴回数300億回 プロレス世界最大手の野望

プロレス経営学(4)

(更新) [有料会員限定]

310億回――。

米国を拠点にする世界最大のプロレス団体「WWE」の映像コンテンツが、2018年に世界中で視聴された回数だ。WWEが主催するプロレスの祭典「レッスルマニア」は、17年に米経済誌フォーブスが選んだ「最も価値のあるスポーツイベント」で、五輪やサッカーワールドカップなどに次ぐ6位にランクイン。10位の米大リーグ機構(MLB)のワールドシリーズをしのぐ世界的なスポーツ・エンターテインメント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

プロレス経営学

かつては日本中を沸かせたプロレスが、長きにわたる低迷期を経て、再び輝きを放っている。支えたのは選手ばかりではない。親会社とタッグを組んだグローバル&デジタル戦略と、大胆なマーケティングが新たなファンを獲得する武器となった。その「経営学」とは――。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン