トヨタ初の秋交渉、満額妥結の先の難路

自動車・機械
中部
2019/10/9 14:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車の今冬の一時金(賞与)を巡る初の秋季労使交渉が9日、決着した。冬を含めた2019年の賞与は年間で満額回答となったものの、トヨタは人事制度や処遇などについて定期的に話し合う専門委員会を立ち上げたばかり。労使間では今後も例年にない協議を続けるなど、異例の事態が続きそうだ。当面は賃上げを巡る2020年の春季交渉が節目になる。

「(組合員たちが)自分たちの現状を見つめ直してくれた」

豊田章男…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]