スマホに続くか 米ガラス大手が狙う環境という鉱脈

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
環境エネ・素材
中国・台湾
ヨーロッパ
北米
2019/10/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米特殊ガラス大手コーニングのエンバイロメンタル・テクノロジー(環境技術)事業が好調だ。2019年4~6月期決算で売上高は3億6600万ドル(約395億円)と前年同期比で15%拡大した。主要事業は10%以下の伸びにとどまる。欧州を中心に排ガス規制が強化され、自動車やトラックに導入する微粒子フィルターなどの需要が伸びた。光ファイバーやアイフォーン向け特殊ガラスで有名な同社だが、環境技術は次の収益の柱…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]