台風15号で1.3万人足止め 「孤島」成田の対策は
首都圏上陸から1カ月

2019/10/9 13:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風15号の首都圏上陸から9日、1カ月が経過した。強風の直撃による交通機関の運休によって千葉県成田市の成田空港では多くの人々が足止めされ、夜を明かした。鉄道やバスの再開が遅れ、「陸の孤島」と化した空港に続々と航空機が着陸したことが事態を悪化させた。郊外や臨海部の空港はアクセスにもろさを抱え、専門家は空港会社や航空会社による柔軟な対応を求めている。

9月26日に記者会見した成田国際空港会社(NAA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]