キッコーマン、表参道にホットな豆乳のPR店

2019/10/9 13:40
保存
共有
印刷
その他

キッコーマンは9日、東京の表参道に豆乳飲料をアピールするための店舗を開いた。6日間限定で、温めて飲む豆乳飲料を1日につき1020杯無料で配る。店内に自社商品をアレンジして楽しめるメニューをそろえ、交流サイト(SNS)への写真投稿を促す「インスタ映え」する仕掛けも用意。寒い季節を前に、主に若い世代に向け豆乳の楽しみ方を発信する。

キッコーマンはホットの豆乳飲料を無料配布する期間限定店を開いた(9日、東京・港)

店舗名は「キッコーマン ホッ豆乳スタンド」。6月に企画した「豆乳アイス」の期間限定店に続く第2弾で、豆乳を温めて飲む際の様々な楽しみ方を提案する。

店舗の1階には豆乳の自社商品を使ったオリジナルメニューを用意し、無料で配布する。「キッコーマン 調製豆乳」をベースに味わいを変えた「はちみつ生姜」「ほうじ茶」「コンソメスープ」と日替わりメニューの計4種類から選べる。家庭でも手軽に楽しめるとして、販促につなげる。

2階の飲用スペースでは、壁面のイラストを使って若い世代が写真撮影も楽しめるようにした。タカラトミーアーツ(東京・葛飾)とのコラボによるカプセル玩具なども用意し、SNS投稿による情報の拡散を狙う。

豆乳飲料は消費者の健康志向で市場が拡大しており、キッコーマンの豆乳飲料の売上高は2018年度に373億円と10年前と比べ2.6倍に拡大した。新たな提案で飲用する世代の幅を広げさらに需要開拓を進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]