首相、関電問題「第三者の目で全容解明を」

2019/10/9 11:46
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は9日午前の参院本会議で、関西電力の役員らの金品受領問題について「まず第三者の目を入れて徹底的に全容解明することが不可欠だ」と述べた。「経営問題を含めて再発防止などの措置を講じ、利用者の信頼回復に努めることが必要だ」と強調した。日本維新の会の片山虎之助共同代表の質問に答えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]