飛騨路を彩る豪華屋台 秋の高山祭が開幕

中部
2019/10/9 11:45
保存
共有
印刷
その他

「秋の高山祭」で並んだ華麗な屋台(9日午前、岐阜県高山市)=共同

「秋の高山祭」で並んだ華麗な屋台(9日午前、岐阜県高山市)=共同

飛騨地方の秋を彩る伝統行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されている「秋の高山祭」が9日、岐阜県高山市で始まった。精巧な彫刻や金箔が施された華麗な屋台が旧城下町に並び、市は10日までの2日間で20万人の人出を見込む。

約100個のちょうちんをともした屋台が市内を巡る「宵祭」は9日夜に実施予定。今年は11台のうち1台が修理中のため10台で行う。

高山祭は2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]