関電トップ、1週間で一転辞任 読み違えた風

環境エネ・素材
関西
2019/10/9 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力役員らの金品受領問題で八木誠会長が辞任する。岩根茂樹社長は今後の第三者委員会による調査結果の取りまとめまで留任し、その後に辞任する方向だ。続投への意欲を示した2日の記者会見から1週間で一転して退任へと追い込まれた背景には、関電が国や自治体、世論の反応を読み間違えたことがある。失墜した信頼回復への道は遠い。

「第三者機関で大変厳格な重厚な方々による調査がこれから進むと思われるので、そこで様…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]