日産新経営陣と「連携強化を最優先」 ルノー会長

日産の選択
自動車・機械
ヨーロッパ
2019/10/9 10:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車の筆頭株主である仏ルノーのジャンドミニク・スナール会長は9日、日産との資本関係の見直しについて「優先事項ではない。まずは(事業面の)アライアンス強化を最優先すべきだ」と述べ、急がない考えを示した。横浜市内で日本経済新聞などの取材に答えた。

ルノーは日産に約43%出資し、日産はルノー株の15%を保有している。関係をより深めようとルノー側は4月、日産側に経営統合を提案した。一方、日産はより…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]