「いちびり」もっと大阪に ユニーク、なにわ大賞の歩み
時を刻む

2019/10/10 7:01
保存
共有
印刷
その他

関西弁で「いちびり」と呼ばれる大阪らしいユニークな活動をする人を発掘、表彰する「なにわ大賞」が民間主導で創設されてほぼ四半世紀。バブル崩壊後の企業のリストラ、橋下徹大阪府知事登場後の改革、観光ブーム――。22回にのぼる受賞者の顔ぶれをたどると大阪の世相が浮かび上がる。

JR大阪駅桜橋口。通勤客らが意識することなく通りすぎる柱がある。柱には細長い電気が点滅している。「実はこれは時計なんですよ」。日…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]