欧州当局、ボーイング機の安全性に懸念 運航再開遅れも

2019/10/9 1:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中山修志】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は8日、2度の墜落事故を起こした米ボーイングの小型機「737MAX」の安全面に欧州航空安全機関(EASA)が懸念を示していると報じた。ボーイングの機体制御システムの修正案の承認に難色を示している。同機の運航再開がさらに遅れる可能性がある。

ボーイングは事故原因とされる機体制御システムのソフトの修正版を用意し、米連邦航空局(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]