日産新社長の内田氏、商社出身の合理主義者
ルノーと深い関わり

2019/10/9 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)に内定した内田誠専務執行役員(53)は日商岩井(現双日)の出身だ。元会長のカルロス・ゴーン被告の改革初期の2003年に日産に転じた。国際経験が豊富で流ちょうな英語も操り、仏ルノーとの共同事業や韓国・中国事業で実績を残した。

幼少期はマレーシアで過ごし、英語力はネーティブ並み。商社時代はフィリピンで自動車の貿易に携わり、タガログ語で現地ディーラーと渡り合っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]