/

この記事は会員限定です

日産新社長の内田氏、商社出身の合理主義者

ルノーと深い関わり

[有料会員限定]

日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)に内定した内田誠専務執行役員(53)は日商岩井(現双日)の出身だ。元会長のカルロス・ゴーン被告の改革初期の2003年に日産に転じた。国際経験が豊富で流ちょうな英語も操り、仏ルノーとの共同事業や韓国・中国事業で実績を残した。

幼少期はマレーシアで過ごし、英語力はネーティブ並み。商社時代はフィリピンで自動車の貿易に携わり、タガログ語で現地ディーラーと渡り合った。日産の指名委...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン