日産・ルノー、業績悪化で決着急ぐ 薄まったゴーン色

2019/10/9 1:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車が新たな経営体制を発表した。西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)が9月9日に辞任を決めてからほぼ1カ月。10月末に設定した期限を大幅に前倒しするスピード決定だ。業績が急速に悪化するなか、経営の空白を長引かせてはならないという危機感が日産と、日産の大株主である仏ルノーの双方にあった。

【関連記事】ルノー会長、CEO交代を計画 日産との信頼回復狙う

「集団指導体制でお互い切磋琢磨(せっさた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]