ノーベル文学賞10日発表 村上春樹氏の受賞なるか

ノーベル賞
文化往来
2019/10/10 2:00
保存
共有
印刷
その他

スウェーデン・アカデミーは10日午後8時ごろ、ノーベル文学賞を発表する。日本人作家では、有力候補と目される村上春樹氏(70)が選ばれるか注目だ。また欧州のブックメーカー(賭け屋)の予想には、ドイツ在住の多和田葉子氏(59)の名前も挙がる。

村上春樹氏

村上春樹氏

日本人作家が受賞すれば、1968年の川端康成氏、94年の大江健三郎氏に次ぎ3人目となる。もし多和田氏が受賞すれば、文学賞にとどまらず、日本人女性で初のノーベル賞受賞となる。

同アカデミーでは2017年、会員の夫の性的暴行疑惑というスキャンダルが持ち上がり、18年は同賞の選考と発表を見送った。今回は選考体制を一新し、アカデミー会員4人と外部の有識者5人の計9人で討議する。

昨年分とあわせて2人の受賞者を発表する予定。例年は最終候補者を5人に絞り込んだうえで最終決定するが、今年は8人を候補にあげて協議する。

ブックメーカーの予想では村上氏の賭け率(9日時点)は11倍で7位。先週の3位からやや下げている。多和田氏は21倍で18位。ただしスウェーデン・アカデミーは候補者を明らかにしておらず、こうした賭け率はあくまで臆測に基づくものだ。

村上氏は「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」など、寓話(ぐうわ)的でありながら時代と切り結ぶ大作を書き継いできた。作品は53カ国・地域で翻訳刊行され、多くの国でベストセラーとなっている。国際的な文学賞も数多く受賞し、残すはノーベル文学賞のみという"本命"が戴冠するか、世界のファンが見守る。

多和田葉子氏

多和田葉子氏

多和田氏はドイツ語でも創作する作家で、「容疑者の夜行列車」や「雪の練習生」などの作品で日本の文学賞は総なめにしている。18年には「献灯使」で全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞するなど、国際的な評価も高まってきた。

近年のノーベル文学賞は15年にジャーナリストのスベトラーナ・アレクシェービッチ氏、16年にシンガーソングライターのボブ・ディラン氏を選ぶなど、思い切った選考で話題を呼んできた。だが委員が入れ替わったことで保守化するとの見方もある。

また同賞は同じ地域や言語の作家が続かないようにバランスを取りながら選考する傾向もある。前回(17年)の受賞者が日本出身のカズオ・イシグロ氏だったことが今回どう影響するかも気になるところだ。

【関連記事】 日本のノーベル賞受賞者は26人 18年まで
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]