/

この記事は会員限定です

シンガポール、若手官僚が担う起業家のハブづくり

アジアが超える

[有料会員限定]

10月4日の金曜日午後、多くのスタートアップ企業が拠点を構えるシンガポール中部のワンノース地区で「ディール・フライデーズ」と呼ばれる会合が開かれた。出席したのは国内外の教育関連のスタートアップ約20社で、ほぼ同数集まったベンチャーファンドの担当者に事業の有望性を熱心に訴えた。

起業家と資金の出し手を橋渡しするこの会合を企画・運営するのは、政府機関、シンガポール企業庁のスタートアップ担当チームだ。企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン