スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

予選3位の男子団体日本、決勝の雪辱誓う 世界体操

Tokyo2020
2019/10/8 21:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】体操の世界選手権で団体総合金メダルを目指す日本男子は、予選で6種目合計258.026点で3位となった。谷川翔(順大)が転倒や落下のミスを繰り返し、兄の航(セントラルスポーツ)も足の負傷で満足な演技ができなかった。1位通過のロシア、2位中国に9日の決勝で雪辱するには兄弟の奮起が欠かせない。

こんなはずでは、というのが兄弟共通の思いだろう。内村航平(リンガーハ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ドイツ戦の4戦目でプレーする張本智和。強豪からの2勝は自信になっったはずだ=共同共同

 10日まで東京体育館で行われた卓球のワールドカップ団体戦で日本は女子が準優勝、男子は3位だった。いずれも優勝した中国に0―3で敗れたが、女子は伊藤美誠(スターツ)が中国トップ選手にゲームの主導権を握 …続き (11/15)

西村はリーチの長い上段蹴りを武器に勝利を重ねてきた。

 東京五輪で新競技となる空手。強豪ぞろいの日本代表の中でも、金メダルに最も近い一人と目されるのが組手男子75キロ級の西村拳(チャンプ)だ。長いリーチから放たれる上段蹴りに、「空手界のプリンス」と称され …続き (11/14)

メキシコ戦に先発し、6回1失点8奪三振と好投した今永=共同共同

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は13日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)はメキシコ(A組1位)に3―1で勝ち、2次ラウンドの対戦成績を3勝1 …続き (11/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]