シンガポールとインドネシア首脳、煙害問題に触れず

2019/10/8 20:54
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】シンガポールのリー・シェンロン首相とインドネシアのジョコ大統領は8日、シンガポールの首相官邸で会談した。会談後に記者会見した両首脳はインフラ整備やクルーズ船観光、デジタル経済分野での連携強化を強調したが、両国で社会問題になっている煙害問題には言及しなかった。

シンガポールとインドネシアの首脳は記者会見で煙害問題に触れなかった(8日、シンガポール)

インドネシアの森林火災が原因の煙害は9月以降、シンガポールやマレーシアなど周辺国にも広がり、学校が休校になるといった影響が出ていた。シンガポールでも煙害問題が連日大きく報道されるなど国民の関心は高いが、ジョコ大統領が自国で解決する意向を示しているため、両首脳は記者会見で触れなかったとみられる。記者会見は両首脳が成果や友好関係を強調しただけで終わり、質疑応答は実施されなかった。

両国はシンガポールの国境に近いインドネシアのバタム島などでの経済協力の強化を打ち出した。自国通貨の急落時に通貨を融通し合う協定の更新でも合意した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]