竹から建材や家具 松江のウッドスタイルが新機軸

住建・不動産
サービス・食品
中国・四国
2019/10/9 6:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

木製家具の製造などを手がけるウッドスタイル(松江市)は独自技術で竹を平板にする事業を拡大する。プレス加工機を年内に改良し、自社製造の家具向け建材などを3~4割増産できるようにする。企業や森林組合向けに加工機の販売も始める。近年、周囲の植生を荒らす竹害が問題となっており、生活用品の材料として活用できる点を訴求し、受注増につなげる。

竹を平板化するためのプレス機1台を改良する。加工速度を現在よりも3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]