台風19号、ラグビーW杯に影響も 代替会場も検討

ラグビーW杯
2019/10/9 2:00 (2019/10/9 15:20更新)
保存
共有
印刷
その他

日本代表は次の試合でスコットランドと対戦する(5日、愛知県豊田市の豊田スタジアム)

日本代表は次の試合でスコットランドと対戦する(5日、愛知県豊田市の豊田スタジアム)

大型で猛烈な台風19号は、ラグビーワールドカップ(W杯)の大会運営にも影響をもたらす可能性がある。3連休初日の12日から13日にかけ日本列島に接近する見通しで、関東地方などを直撃する恐れも。両日は日本戦など7試合が予定され、大会関係者は「進路を注視している」と気をもむ。試合中止の場合は引き分け扱いとなるが、代替会場開催の可能性も含めて検討している。

W杯は13日が1次リーグの試合の最終日で、今週末には決勝トーナメントに進出する8チームが出そろう予定だ。

3連勝中の日本は8日現在、勝ち点14でA組5チームの首位を走る。9日のスコットランド対ロシア戦などの結果によっては早めに初の8強入りが決まる可能性もあるが、13日夜に横浜市で開催予定のスコットランドとの直接対決は、グループ1位通過もかかる大一番となりそうだ。

このほかにも12~13日には、A組2位のアイルランド対サモア戦など6試合が九州から東北の各会場で予定される。

注目の週末を前に、大会関係者は台風19号の進路に神経をとがらせる。

気象庁の予想では、19号は12日午前に西日本近くに達し、13日午前にかけて関東地方の太平洋側をなぞるように通過する恐れがある。

大会規則や組織委員会によると、台風が高い確率で試合会場近くを通る恐れがある場合、観客の安全面などを踏まえて東京都新宿区の大会運営本部で開催の是非を検討する。民間気象会社などから情報を得て開催都市とも共有し、中止する場合は試合開始6時間前までに決定して公表する。

過去8大会で試合が中止になった例はないという。組織委は「安全確保を最優先し、試合実施のための可能性を模索している」とし、代替会場での開催も検討する。

1次リーグで事前に中止が決まった試合は延期せずに引き分け扱いとなり、各チームに勝ち点2が与えられる。チケット購入者には払い戻しを行う。決勝トーナメントで当日に試合を行えなかった場合は原則2日以内の日程で組み直される。

今大会では、10月初旬にかけて日本の西海上を北上し、朝鮮半島に達した台風18号の影響で2日の福岡市でのフランス対米国の試合中止が検討された。ただ進路が当初の想定より西寄りだったため予定通り開催した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]