/

この記事は会員限定です

うめきた2期、技術の事業化人材 5年で100人養成

ウエーブ大阪

[有料会員限定]

2024年夏にまちびらきするJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」は産学官が集まり、新事業を次々と生み出すイノベーションの拠点を目指している。成功のカギを握るのが、最先端の技術を事業化につなげる人材だ。10月下旬から大学や研究機関の研究者、企業の新事業開発担当者らを対象に人材育成が始まる。5年間で100人が目標だ。

大阪府・市のほか、阪急電鉄グループなどの開発事業者でつくる官民協議会が4カ月間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1285文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン