うめきた2期、技術の事業化人材 5年で100人養成
ウエーブ大阪

2019/10/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2024年夏にまちびらきするJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」は産学官が集まり、新事業を次々と生み出すイノベーションの拠点を目指している。成功のカギを握るのが、最先端の技術を事業化につなげる人材だ。10月下旬から大学や研究機関の研究者、企業の新事業開発担当者らを対象に人材育成が始まる。5年間で100人が目標だ。

大阪府・市のほか、阪急電鉄グループなどの開発事業者でつくる官民協議会が4カ月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]