台風15号の被害、スタートアップが技術と人脈で救援

日経産業新聞
2019/10/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風15号が各地に大きな被害をもたらしてから9日で1カ月。特に千葉県では大規模な停電や家屋の損壊、断水などでたくさんの人たちが苦しんだ。これを見た多くの企業はインフラ復旧や食事提供などの救援に動き、スタートアップ各社も自社の技術やネットワークを生かして被災者を支援した。活動の実態を追い、今後に向けた教訓を考える。

■1万社のネットワークで職人を招集

9月下旬、千葉県富津市で瓦がはがれた民家の屋根に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]