山形県知事、公立病院の統合再編「まずは関係者で議論」

2019/10/8 19:03
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省が公立病院の再編案を示したことについて、山形県の吉村美栄子知事は8日の定例会見で「まずは関係者間の議論が必要」との認識を示した。県内の病床数に占める公立病院の割合が46.7%と全国一高いことに触れ「公表は(再編を促す)厚労省のメッセージかもしれないが、地方に住み続けるには医療機関が必要」と述べた。

病院の再編統合に慎重な姿勢を示した山形県の吉村美栄子知事(8日、山形市)

厚労省が公表した再編や統合の検討が必要とする病院に山形県内では7病院が対象となった。吉村知事はすでに対応を進めた病院も公表された点に疑問を示した上で「再編統合ありきではない」と慎重な姿勢を示した。

法改正で県は地域の医療体制構築に主導的な役割を求められる。人口減で再編統合議論は避けられないが「(国の)いいなりではなく、地域の声を中央に届ける側面も大事かと思う」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]