福岡県広川町、職人・芸術家らが魅力発信に一役

2019/10/8 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福岡県広川町に地域おこし協力隊などとして移住した芸術家や職人が、町の新たな魅力発見や情報発信に一役買っている。伝統的な織物「久留米絣(くるめがすり)」の産地であることを生かし、ファッションデザイナーを長期間招くイベントを企画するなど、町に若者が集まる仕組みづくりに取り組む。隊員が地元を盛り上げるスタートアップも設立している。

9月下旬、町内の集会所を利用したアトリエ「Kibiru(キビル)」では…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]