[社説]外資規制は予見可能で抑制的な運用を

2019/10/8 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は外為法を改正し、外国資本による日本企業への出資・買収に関わる規制を安全保障上の観点から強化する。

国の安全や防衛に関する機微技術の海外流出に政府が神経をとがらせるのは当然だ。一方、規制強化が壁になって、ただでさえ少ない海外から日本への直接投資がさらに減る事態になれば、日本経済にとって大きなマイナスだ。

財務省をはじめとする関係省庁には、民間の自由な投資活動を萎縮させない抑制的かつ予見可能な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]